英語圏の学校へ進学するならTOEFL対策は行なわないといけない

ワーホリへ行く

PC学習

昨今ではグローバル社会になりつつあるとともに、英語の需要が増えています。そのため、若者の間でワーキングホリデーを希望する方が増えています。このワーキングホリデーとは、外国で一定期間、暮らしながら、働いたり学ぶことができる制度のことです。おおよそ18歳から30歳までの方が、外国に渡航することができます。 ワーキングホリデーで人気の国として、カナダがあります。カナダの特徴は、ワーキングホリデー協定国の英語圏の国の中で、とても綺麗な英語を話します。なので、日本人が英語を身につけるのに最適です。また、公用語にフランス語が指定されているので、フランス語を学べます。 カナダにワーキングホリデーで行くメリットは、大自然を堪能できることです。ナイアガラの滝、オーロラツアーなどを満喫できます。また、冬はアイスホッケーやスノーボードなどウィンタースポーツに挑戦できます。治安もいいので、安心して出かけられます。

進学に関するさまざまな事務手続きを代理でやってくれるのが、エージェンシーです。 エージェンシーを利用することで、ワーキングホリデーに関する煩雑な手続きを行う必要がなくなります。エージェンシーを通して学校の手続きをした方が、入学日やクラス変更など融通が利くというメリットもあります。 エージェンシーに依頼する時は、まずはいくつかの会社に問い合わせてみることが大事です。そうしていくつかの業者に問い合わせることで、費用の相場、サービス内容を比較検討できます。それで、自分にとって最適なエージェンシーを見つけられます。