英語圏の学校へ進学するならTOEFL対策は行なわないといけない

学校もある

語学

「英語」の重要性が言われて久しい今日、その傾向は、一層と顕著なものになってきました。誰もが「英語」の必要性を感じ、その結果、多くの学習方法が開発・提案されてきました。 増加する「英語」学習者の数と比例するように、「英検」を受ける方も増えてきました。従来から「英検」は実施されていましたが、今日程の勢いではありません。現在では、「英検」の資格を持っていることが、様々な場面で有利に働くようになっています。そのため、多くの英会話スクールでは、通常のレッスンに加えて「英検対策」コースを開設するようになってきました。 英会話スクールで行なわれている「英検対策」の授業料は、月1万円から1万5千円前後必要となります。膨大に有する過去問を分析し、レッスンに使用しています。英検対策用のツールも数多く開発し、高い合格者を維持しているスクールもあります。

我が国の「英検」の歴史は古く、最初に行なわれたのは50年程前の1963年に遡ります。この当時の試験は、1級・2級・3級のみが行なわれており、受験者数は4万を下回る程度でした。 しかし今日では、英検の級も増設され、年間230万人以上の方が受験をするようになっています。この増加する受験者数の背景としては、日本のみならず、世界的にも「英検」の資格が認められるようになってきたからでしょう。もはや、日本国内だけの検定試験としてではなく、世界共通の資格試験として認められてきたのです。 この流れと共に、多くの「英検対策」のための書籍やスクールが開発・開講されてきました。入学時や入社時に「英検の資格」を必要とするケースも増え、ますます重要性が高まりをみせています。